カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

日本映画

最近ハマっていることの一つに、古い日本映画がある

毎日1本ずつぐらい見ている

小津安次郎、溝口健二、黒沢明・・・と

ちなみに昨日は清水宏の「小原庄助さん」を見た

有名な俳優の若い姿がおもしろい。

名前は知っていても、この人が・・・と思う。

大河内伝次郎の洋髪姿ははじめてみる

初め誰だかわからなかった

原節子は中々の美貌だし

笠智衆は若い青年役が中々・・

佐野周次と三船敏郎は確かに二枚目スター

飯田蝶子は変わらない、昔からあののイメージ

千石規子の話し方をはじめて見たけど、話し方でデジャヴューを感じる

小津安次郎のドンゴロスのタイトルバックは

有名だけど、

必ず画面にゴムの氷マクラがぶら下がっている

黒沢明のタイトルは字がすごくいい

それと清水宏の字も同じ?

とか、変なところが気になる。

それと全体に大人っぽいと言うか

今の感覚とは、年齢感覚が違うような気がする。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=4461&eid=22

ページトップへ